一生涯の死亡保障を確保&相続対策ができる!終身保険とは!

119973.jpg

≪終身保険の基本について≫

終身保険とは、一生涯かけることのできる死亡保障のことをいいます。
解約の場合を除き、一生涯死亡保障が続いていきます。
家族の誰かが死亡した場合は、生涯保険金を受けとることが可能です。
貯蓄性の特徴があることから、子供の学資保険など、生涯の蓄えにも利用できる点が契約者から喜ばれています。終身保険は5つの場面で活用することが可能になりました。
老後の資金をためる、葬儀関連費用の準備、相続税対策、子供の学資への活用、短期貯蓄の役割を果たしています。
また、税金の控除の面では、2つの側面があります。
生命保険料控除で所得控除を受ける、保険金を受け取った時の税金が控除されるという点です。
ただ、終身保険には、デメリットもあります。
保険料が高い、途中で総記に解約をしてしまうと損をするという点です。活用と税金控除の側面を理解しつつ、デメリットも存在することを把握することが大切です。
終身保険には、長い期間保険料を支払っていく商品のため、子供の学資などの将来のことを考えて、目的を明確にしてからしっかりと契約書を呼んで加入することが望ましいです。